トップ 産婦人科eガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報三浦歩美さんの出産体験 > 辛い妊娠生活

辛い妊娠生活

スポンサードリンク

辛い妊娠生活の画像

私にとって妊娠生活は、辛いだけだったように思います。
これから子供が生まれてくることの喜びよりも、今の苦痛を何とかしたいと思うばかりでした。
つわりには個人差があるので、つわりもなく妊娠生活が楽しいという方もいるようです。
ほとんどの方が妊娠中期や後期になってくると、つわりも治まってくると聞きました。
でも私の場合は出産の日までつわりが続いていたので、辛い妊娠生活でした。
とにかく口の中に何かが入っていないと、気持ち悪くなってしまうんです。

でも妊娠中はなるべく太らない方が良いので、そんなに食べる訳にもいきません。
だから、ノンカロリーの飴を舐めたりガムを噛んだりして過ごしていました。

さらに、お風呂のお湯の匂いもダメだったんです。
お湯の匂いを嗅ぐだけで、吐き気がしたほどです。
だから、匂いのきついお香を焚いて毎日お風呂に入っていました。
1日に、3回程度は吐いていたのかも知れません。
でも食べる量が多かったので痩せることもなく、体重は増加するばかりでした。
妊婦さんは太ってはダメなんですよ。でも、かなり太ってしまいました。
先生から、母子手帳に赤丸を付けられたほどです。
結局、最終的には16キロも太ってしまいました。

食べては吐いての繰り返しという妊娠生活だったように思います。
だから楽しく妊娠生活を送っている人を見ると、とても羨ましかったんです。
でも友人の中には切迫流産で5ヶ月間ほど、絶対安静という子も居ました。
そんな状況の子も居るので、まだ私はましな方だったのかも知れません。
とにかく、私の妊娠生活は辛く苦しいものでした。


産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報について

当サイトに掲載されている医院・病院情報、診察時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。