トップ 産婦人科eガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報高知由美子さんの出産体験 > 検診ってどんなことするの

検診ってどんなことするの

スポンサードリンク

検診ってどんなことするのの画像

妊娠すると、妊娠6か月までは1か月に一度、7か月~9か月までは2週間に一度、そして10か月に入れば毎週検診に通うことになります。
とくに特別心配なことがなければ、どの妊婦さんもこのペースで受けることになります。
でも、とくに心配なことがなくても心配になるのが、初めての妊娠。ちょっとしたことが気になり、次の検診までの1か月が長くて長くて……。

気になることは電話で聞いても…とは思いますが、総合病院の場合、主治医に電話するのは気がひけますよね。そうすると、本や雑誌、ネットなどで同じような心配事を探しては安心したりしていました。
最近の病院では、助産師さんに気軽に質問できるシステムを取っているところもあるようです。

検診では、毎回、尿検査で糖やタンパクが出てないか調べます。血糖値が上がると妊娠中毒症になりやすくなり、それは母子ともに危険になる可能性があるため、毎回やってました。そして体重測定。これも、太りすぎると妊娠中毒症になるそうです。
この体重測定は、看護師さんの目の前で体重計に乗り、看護師さんが数値を書くところもあれば、自分で測って書く病院とありました。体重が増えると厳しく指導されることも多かったですが、最近はあまりうるさく言われないとも聞きます。
この体重測定はドキドキで、たまに朝食を抜いて行ったこともありました(これは悪い例ですね…)。

その他に浮腫も調べました。これは足の脛を医師が押して調べてました。正常だとすぐに戻りますが、むくんでると戻りが遅いようです。私の場合、浮腫はなかったのですが、妊娠後期に尿タンパクがよく出て、とにかく塩分を減らすよう言われていましたね。このときは刺身にも醤油なしで食べたりとか辛かったです。

そして子宮底長や腹囲、血圧を計ったり、超音波(エコー)で赤ちゃんの様子を見たり。医師が難しい顔をすると「何か悪いことでも?」と心配にもなりますが、このエコーを見るときが一番楽しいですね。病院によっては、エコー写真だけでなく、ビデオをくれたり、3D、4Dのエコーが見れたりとサービス盛りだくさんのようです。


産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報について

当サイトに掲載されている医院・病院情報、診察時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。