トップ 産婦人科eガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報相本純子さんの出産体験 > 妊娠中の心配事

妊娠中の心配事

スポンサードリンク

妊娠中の心配事の画像

妊娠していることすら忘れるぐらい、順調だった私ですが、1つだけどうしても気になって気になってしょうがないことがありました。それは、日に日に体重が増えることでした。
妊娠中ですから、体重が増えることは当たり前のことですが、私にはつわりの症状が一切無かったし、その代わりお腹が空いて空いて、妊娠5ヶ月目にして+9kg体重が増加してしまったのです。それに、なぜか眠くて眠くて、通勤途中の電車の中では空いている席をゲットし必ず寝る。お仕事がお休みの日には、食っちゃ寝るの生活をしていました。

あの食欲と睡眠欲は、この私を本当に悩ませました。産婦人科の先生に相談したところ、「母子共に健康だって証拠だよ」と、ケロっと答えるだけでした。それはそうですよね。だって健康だからお腹が空くし、眠くもなるんですもの。
嫌だと思うの出産後崩れた体型になるといった、見た目の美しさだけを気にするだけで、真の健康美については何も考えていないんですもの。ただ、あまりに体重が増えすぎると、妊娠中毒症への懸念があるので、少しは用心することと、教えてもらいました。

妊娠中は、ダイエットはもちろんいけません。産まれてくる子はせいぜい3kg~4kgくらい。羊水が1kg~2kgと考えれば、自分が太るのは3kg~4kgが許容範囲なんて、勝手に計算したりして、既に体重オーバーな自分を恨めしく思いました。だって、水を飲んだだけでも太るんですもの。そんなことで塞ぎこんでいる私に、産婦人科の先生が良いことを教えてくれました。
それは、妊娠中増えてしまった体重は、出産後赤ちゃんに母乳を与えることである程度改善できるということでした。その話は、私には目からウロコでした。なら、逆にこうした出産に伴う体重増加は、産まれてくる赤ちゃんの為になることで、出産というプロセスが理に適うように、母子が変化を遂げるものなんだと、改めて人間の体の構造の神秘に感銘を受けました。私は太って良いんだ。赤ちゃんにいっぱい母乳をあげれるんだと。

今までの悩みが嘘のように晴れていったことを今でも覚えています。産婦人科の先生や婦長さんには、私が安心して出産できるようにいつでも見守ってくれる、優しくもあり頼もしくもある方々でした。本当にこの病院を選んで良かったと思いました。


産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報について

当サイトに掲載されている医院・病院情報、診察時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。