トップ 産婦人科eガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報森本雅子さんの出産体験 > 出産のとき

出産のとき

スポンサードリンク

出産のときの画像

私の予定日は12月27日でした。しかし、12月入ってすぐ、すでに子宮口が開いているといわれ、このままだと早産になってしまうといわれました。
せめてあと1週間はお腹にいてもらったほうがいいということで、早産を抑える薬を飲みました。この薬のせいかわかりませんが、予定日になっても産まれません。年を越しても産まれません。とうとう、予定日を10日も過ぎてしまいました。
10日も過ぎるとお腹の赤ちゃんは3500g以上になってしまい、これ以上大きくなると出産が大変になってしまうので、陣痛促進剤を打つことになりました。

陣痛促進剤を打つ前日夜から病院に入院。しかし、明方5時頃、お腹の痛みで起きました。自然陣痛が始まったのです。陣痛の間隔は徐々に短くなると聞いていたのに、私の場合は始めから10分間隔ぐらいでした。
そして、破水。お腹、腰の痛みとともに、吐き気までし始めました。助産師さん曰く「吐き気のある人は、出産の進みが早い」とのこと。案の定、子宮口もどんどん開き、7時半ぐらいに分娩室へ。

分娩し始めたものの、赤ちゃんの心音が下がってきてしまいました。出てくる途中、へその緒が赤ちゃんの首に巻きついてしまったのです。急いで赤ちゃんを取り出すことになりました。吸引カップで赤ちゃんの頭を引っ張り、私のお腹の上に一人看護師さんが乗り、お腹を押しました。やっと頭が出てきました。
頭が出れば体はスルッと出ると聞いていたのですが、息子は肩幅が広かったらしく、肩がつかえてしまい、スルッとはいきませんでした。
でも、3734gの元気で大きな赤ちゃんが産まれました。立会い出産だったので、夫も急いで呼ばれましたが、夫到着してから15分後ぐらいに出産しました。陣痛が始まってから、出産まで3時間ちょっと。初産にしては早いほうらしいです。


産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報について

当サイトに掲載されている医院・病院情報、診察時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。