トップ 産婦人科eガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報三浦歩美さんの出産体験 > 赤ちゃんの誕生

赤ちゃんの誕生

スポンサードリンク

赤ちゃんの誕生の画像

出産予定日の1日前に、誕生しました。2910gの元気な女の子でした。
その日は、夜の8時ごろから少しお腹が痛くなってきました。
陣痛の痛みはもっと痛いと聞いていたので、これではないと思い込んでいたんです。
破水も、おしるしも特にありませんでした。
痛みの間隔が10分になったら病院に来るようにと言われていたのですが、はっきりと判断も出来ずに夜中の0時過ぎに病院へ電話をかけたんです。
「とりあえず来て下さい」と言われたので、行ってみると子宮口が開いていてすぐに分娩となってしまいました。

看護婦さんから「生まれるのは朝方になります」とのこと。主人は、ペットの散歩の為に一旦家に帰ることになったんです。
主人が部屋を出て30分後には何と陣痛が激しくなり、すぐに分娩台に移動することになってしまいました。
分娩台に移動して、わずか30分で無事に出産が終わりました。
先生からも、「かなりの安産です」と言われたほどです。
主人が立ち会う間もなく、元気な女の子が生まれました。
その後2時間ほどして主人が病院に到着したのですが、まさか生まれているとは思わずかなりびっくりしていました。
わずかな時間の出産ではありましたが、やっぱり死ぬほど痛かったです。
本当に、途中でお腹を切って出して下さいとお願いしたくなりました。

当たり前だけど、子供が生まれるとあんなに辛かったつわりも無くなり快適な気分でした。
子供はすぐに検診に連れて行かれてしまい、なかなか抱っこすることが出来なくて寂しかったです。
生まれたての顔を、もっとゆっくりと見てたかったのですが短時間で連れていかれてしまいました。
母子別室だったので、ゆっくりと体を休めることも出来たのでとても良かったです。
あっという間に終わってしまった、私の初めての出産でした。
「案ずるより生むが安し」ということでしょうか。


産婦人科eガイド/口コミ・評判検索情報について

当サイトに掲載されている医院・病院情報、診察時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。